13年9月21日 4,200円
アニメ未登場ゾイド、ゴドスのライバルイグアンHMM化
X2 X2
イグアン用新規ランナー。成型色はクリア含めて6色。キャノピーはクリアピンク
X2
X2
X2
ゴドスの流用ランナー。PC-2に1パーツ足されている他、所々パーツを抜かれている
X2
プテラスの流用ランナー。ゾイドコアも共通。パイロットは一般兵士と共通
本家同様ゴドス(プテラス)の流用で見事にイグアンを再現。頭部のビーム砲はハンドガン式とコンパチ。スラスター開閉ギミック有り
コックピット開閉。一般兵が搭乗 左手のクローは開閉可能、コンパチのハンドガンを装備可 足の爪は3本とも独立可動する
前傾姿勢はコレくらい、尻尾の保持力は高い 本家イグアンとの比較。HMMは銀が明るい ゴドスとの比較。本家同様、腕、脚、武器等を流用
箱絵や解説でも触れているがなんとプテラスの流用を生かしてマグネッサーウイングを装着可能!
簡易フロストイグアン(カージナル仕様)を再現可能となっている。旧バトストファンは必見!!
ここまできたらあとちょっと加工すればフロストイグアンは再現可能なので、
なるべくHMM本体は無改造で元のイグアンに戻せるように改造を試みた
材料はゴジュラスやゴルドス等のビーム砲左右、レッドホーンやタイガー等の高圧濃硫酸噴射砲
144分の1マラ○イのビームライフル、そして余ったプテラスのF-7のパーツ2個とC-19のパーツ
まずビーム砲を左右とも三分割。片方の砲身も使うのでうまく切断してください
中央の丸い部分を開口します
分かりづ辛いですがコレぐらい
裏側の穴にF7のパーツをはめ
腕の付け根に付けるPC-Fの
ポリパーツをはめ込みます
丁度腕と肩関節パーツの間に入るように加工してください
開口がうまく行けば接着せずにパーツを取り付けられます
次に濃硫酸砲に三分割したビーム砲の1番小さいパーツを上手くはめ込めるように削り、持ち手にします。うまく行けば接着不要です
次にマ○サイのビームライフルを三分割。後ろはヤスリがけで平らにし、前は濃硫酸砲を取り付けるため開口します
濃硫酸砲とは異種素材なので瞬着で接着します。最後に三分割した残りのパーツの後ろを切断し、スコープに見立てて接着
手持ち武器が完成しました。全身銀で塗装しましょう
C-19のパーツ周りを切り取って
上部を開口、裏側を平たくします
肩パーツも赤く塗って完成!もちろんノーマルに戻せます。塗装も再現するならバトスト2巻を参考に
翼は旧プテラスのまま、本体は全身赤、パイプや本体火器銃身は黒、キャップは青緑に塗装しましょう
フライングベースにも対応しています 改造方はあくまで参考に自己責任で仕上げて下さい。できれば全部HMMのパーツ流用が理想(笑)