聖衣神話第60弾
神闘士第8弾
2009年12月発売
6,300円
アスガルドのゴッドウォーリアーはそれぞれオーディーンサファイアと言う
青い宝石をゴッドローブに付けている。この宝石を7つ集める事で、伝説の
ゴッドローブ、オーディーンローブの封印は解かれる。アスガルドのヒルダを
邪悪に染めた、ニーベルンゲンリングを断ち切るには、オーディーンローブの
武器である、バルムンクの剣が必要なのだ。数々の死闘を繰り広げ、
ワルハラ宮にたどり付いた星矢は、今神の力をその身に纏う。
オブジェはバルムンクの剣を備えた青く輝く台座に組み変わる。
大系ではキャンペーン非売品であったが、神話では正式発売となった。
大系ではオールプラ製だったが、神話はもちろん各部が金属製。劇中と違い全身濃い青となった ゴッドウォーリアーに準じ3rd素体を使用
オブジェ形態は独特の形状。オーディーンは北欧神話においてアスガルドの神々の王であり、全知と引き換えに片目となった。
バルムンクの剣とはニーベルンゲンの歌に登場する一族の宝であったが、ジークフリートが奪い、以後愛剣として使用した。
ブリスター構成
豊富な手首パーツが付属
8つある手甲は台座の裏に収納できる
星矢のフェイスは1種類しかないが、新規に作り起こされている
オブジェとの比較
肩アーマーは3ヶ所の可動ポイントがあるアームでボディと接続されており、両手を上げたポーズでも干渉しないようになっている
当時ラストは当然このような構図になるものだと
思っていたが、実際は予想外の乱入者によって
二人の対決は決着を見ずに終わる事となる
似たようなイメージのアルベリッヒと比較
ローブの色合いの違いは一目瞭然だ
オープニングのジークフリートと対峙する
オーディーンローブの印象的なシーン
アスガルドの神闘士シリーズ8体目となるオーディーン星矢。
大系の時と違い、青いアンダーの星矢ももちろん付属し、
劇中と色は違うがマントも付属。ローブの色も劇中とは違うが、
青い金属光沢は光の加減で微妙に色を変え、とても美しい。
残るバドとヒルダも既に商品化は決まっており、アスガルド編も
ようやくラストスパート、シリーズ終了まであと少しとなった。