DXセイントシリーズ
2004年頃発売 香港バンダイ製
香港バンダイから発売されたビックサイズのアクションフィギュア
聖衣大系同様フィギュアに装着される聖衣パーツは専用フレームに
取り付ける事でオブジェ形態を再現できる。聖衣神話と同時期に展開
聖衣はほぼプラ製でカラーメッキが施されている 素体は足にモールドがあり、ベルト、拳、脚部は聖衣装着済みの造形
頭髪込みでマスクを装着するので頭部はだいぶ大きめの造形 パッケージ構成。購入時の未開封の段階でメッキ剥がれ多数(涙)
素体は全身可動だが長髪再現のためか首の可動は最低限。胸部聖衣の形状の都合かフェイスがやや上向きに造形されている
オブジェ形態。大系と違い大きな台座は無い。鎖の巻き方は説明書の通りにした(本来は逆) オブジェ形態とフィギュアとの比較
曲面が多いアンドロメダ聖衣は
メッキとの相性が悪いのか?!
全パーツ構成。星雲鎖は金属製で左右2本付属。オブジェフレームは成型色仕上げのプラ製
メッキの定着が弱く、ひび割れや剥がれが激しい。海外版アンドロメダ大系と似た品質
星雲鎖(ネビュラチェーン)は短いものの2本付属し、劇中通り右はスクエア、左はサークルになっている。聖衣とは繋がっておらず巻き付けるのが難しい
歴代素体との比較。左から大系(1987)、神話(2010)、そしてDX(2004)
アンダースーツと髪の毛の緑の色合いがどれも激しく異なっている
TVアニメ放映当時の大系は後ろ髪が短いが(新生聖衣では再現)
DXは後ろ髪もそれなりに再現されている
装着形態の比較。聖衣の色合いもそれぞれ違い、鎖の扱いも違う
※画像の聖衣神話アンドロメダ瞬は2018年発売のリバイバル版
オブジェ形態の比較。パーツ配置の大まかな部分では大差はない
DXのオブジェ形態は台座が最小限で中々見栄えが良いと思う
大系発売時点では設定がなかった左右の星雲鎖も独立して再現されており
頭部が大きいもののプロポーションは悪くなく全体的な品質さえ良ければ
それなりに通用する商品だったかもしれない。メッキの蒸着が難しいなら
普通に塗装してリリースしてくれればと個人的には思うので非常に口惜しい
2020.04/30作成 2020.04/30追記