1988年10月発売
鱗衣第2弾
聖衣大系46弾
2,600円
セイレーン(ギリシャ神話の海の魔物)の鱗衣を纏ったソレント。サウスアトランティック(南太西洋)の柱を守る7将軍の1人
セイレーンのオブジェ形態。ほぼ原作通りに上半身は美女、下半身は鳥の神話上の魔物の姿に組み変わる 笛を頭部裏に収納するオリジナルギミック
登場時はマントを羽織っていたので翼は折りたたまれていたが、必殺技の発動と共に大きく展開する
自作のマントを装着。翼は基部ごと外れるので問題なく装着できる
オブジェ形態との比較
パッケージ構成。発泡スチロールの型に各パーツが収まっている
マスク装着時はまだ見れるが外すとちょい厳しいか
海闘士の尖兵として原作ではアルデバランとアニメではジークフリートと対峙、笛の音色を使った必殺技「デッドエンドシンフォニー」で退ける
瞬との対戦では魔笛の最終章「デッドエンドクライマックス」を放った。打突武器としても笛を使うが鱗衣の付属物なのかは実は判明していない
原作やアニメで登場が早かったので
海皇編終盤で対戦するキャラだが
ポセイドン同様早々に商品化された
笛も付属するが可動範囲の都合で
口元までは持っていけない
珍しくオブジェ形態の構築に
足首のパーツを使用する
2019.11/28作成 2020.09/04追記