俺の心をYOROIが走る!!
1988年のテレビ放送から始まったサンライズ製作の、いわゆる鎧装着系アニメシリーズ。
主人公は伝説の鎧「烈火」に選ばれた「仁」の心を持つ少年「真田遼」
サムライトルーパーとなり、同じく鎧に選ばれた4人の仲間「光輪」「水滸」「金剛」「天空」と共に、
妖邪帝王「阿羅醐」(アラゴ)を倒すべく、「武装」(鎧装着)して戦う。
前半は奇抜な演出、予想だにしない設定、そして迷走する五人の戦士に、矢継ぎ早の展開、
後半からは、やや単発なストーリーを重ねた後に敵の本拠地に攻め込み、最終決戦を迎える。
が、メインである玩具の売り上げ不振と伝説の放送事故も重なり、わずか39話で終了してしまう。
しかし、ほとんど主人公適正を受けない遼や、五人それぞれの際立つキャラ設定などは
今までにないドラマを生み出し、メイン層ではない女性ファンに空前のブームを巻き起こした。
それを受け、テレビ放送終了後にOVAが当時としては異例の3シリーズも作られている。
他に数多くの書籍や小説、CDドラマ、カセットブック等で各キャラが色濃く描かれており、
主要五人の声優人気も高まって第ニ次声優ブームの火付け役となった。
その反面立体造型には恵まれず、放映終了後はほとんど商品展開がない悲運の作品でもある。
(チョロイ伝なるいわゆるSD系の企画もあったが、食玩がわずかに出て終了している)
ところが!当時の玩具販売元タカラではなく、なんとバンダイから2009年10月に
「アーマープラス」と言う新ブランドの第2弾として「烈火のリョウ」が発売される。
五勇士の発売後は初のOVAキャラ「黒い輝煌帝」(ムカラ)の商品化も成し遂げたが
残念ながら四魔将や迦遊羅の商品化にまでは至らず、シリーズ自体が沈静化してしまった。
ここでは、そんな悲運の名作、サムライトルーパーの過去(当時)の商品群を振り返る。
例によって商品は当時の管理人が遊び倒したものなので、経年劣化が激しい部分はご愛嬌。
超弾動1 「烈火」 超弾動6 幻魔将「螺呪羅」
超弾動2 「光輪」 超弾動7 闇魔将「悪奴弥守」
超弾動3 「天空」 超弾動8 毒魔将「那唖挫」
更新
超弾動4 「金剛」 超弾動9 鬼魔将「朱天童子」
超弾動5 「水滸」 超弾動10「白炎王」
超弾動11「輝煌帝烈火」 超弾動12 妖邪帝王「阿羅醐」
超弾動 「輝煌帝雷神」 超弾動 「クリスタル烈火」
超弾動 「輝煌帝風神」 サウンドアクション「烈火拳」